独楽蔵 特別純米 無農薬山田錦六十

福岡県筑後の酒蔵「杜の蔵」のお酒です。
純米酒100%の蔵です。日本酒のほかに焼酎も造っており、そちらも美味いです。
毎年、ここの粕取り焼酎で梅酒を仕込んでいますが、たしかに一味違う梅酒に仕上がります。
(梅酒については 別途レポートします)

日本酒は『黒田城大手門』『独楽蔵』『杜氏の詩』の銘柄があります。
僕は『独楽蔵』シリーズしか飲んだことがないですが、価格・品質とも安心できる蔵です。

今回は『独楽蔵 特別純米 無農薬山田錦六十』を飲みました。
スペック:糸島産無農薬山田錦60% アルコール度数15度
価格:2400円だったと記憶しています。
2007年と書かれているので、おそらくBY2007と思います。

この価格帯では申し分ない酒と思います。
冷でも燗でも美味しい。
派手さはなく、滋味があるというか品のある味、という感じですかね。
熟成だれはまったくなく、むしろもっと熟成させてもいいかなと感じました。
15度というアルコール度数に物足りない方もいるかもしれませんが、
(原酒など)アルコール度数が高い酒は苦手な僕にとっては、
むしろ値段が下げられるだけ歓迎です。

日本酒は品評会にためではなく、日常のお酒であってほしいので、
杜の蔵さんの酒のコストパフォーマンスのよさを評価しています。

また、この『独楽蔵 特別純米 無農薬山田錦六十』はラベルデザインがいいですね。
あえて余白を作るところにセンスを感じます。

PS
もう少し酸がほしいという方には「独楽蔵 燗純米」がいいかも。
f0215709_1701661.jpg

[PR]
# by lisarb_coffee | 2010-03-21 17:00 | 日本酒 | Comments(2)

長谷川 vs モンティエル

すでに報道されている通り、WBCバンダム級チャンピオン長谷川の11度目の防衛戦が
WBO同級チャンピオンのフェルナンド・モンティエルに決まりました。

長谷川にとって、ようやくのビックマッチ到来です。
10度防衛中の長谷川と3階級制覇のモンティエル、
現時点のバンダム級戦線では最高のカードではないでしょうか。

WOWOWでよく登場することからモンティエルの試合は何度も見ています。
センスを感じさせる防御感と強打のコンビネーションを備えていて、僕好みの選手です。
坊ちゃんタイプの童顔に似合わず、強気で攻撃な選手です。
ショートタイプのトランクスが似合んだな。
サウスポー相手にも苦手感はなさそうですし、強敵です。

バンダム級では体が小さいモンティエルですが、パンチ力はバンダム級でも実証してますし、
長谷川もモンティエルも身体で押し込むタイプではないので、さほど影響しないと予想します。

長谷川の不安材料はやはり減量でしょうか。
今月号のボクシングマガジンの表紙をみると、(カメラアングルのせいもあるでしょうが)腕・胸板が
一段とたくましくなってますし。。。

お互いテクニシャンですが、好戦的な選手に変貌しているので、
地味な試合にはならないような気がします。
お互いがベストコンディションに仕上げてくれば、
上質のテクニックが噛み合う好試合が期待できそうです。

長期戦になるとモンティエルが単調になることがあるので、
そこを長谷川がついてKO勝ちするかな。
短期戦なら、、、予想難しいです。

4月30日
ワールドプレミアムボクシング11 
WBCバンダム級タイトルマッチ
長谷川穂積-フェルナンド・モンティエル

必見です!

f0215709_1764018.gif

[PR]
# by lisarb_coffee | 2010-03-19 17:16 | 日記 | Comments(0)

常きげん 山廃仕込純米酒

日常の晩酌で飲んだ酒について、ときどきですが簡単な感想を書いていきます。

日本酒を応援したい気持ちがあります。
本ブログで少しでも日本酒に関心いただければ幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「晩酌の酒」がほとんどですので、利き酒のような評価はしません。
グルメ雑誌等と同じような評価ではつまらないし、当てにならないところも多いですから、
下記のようにルールを設けた上で、書いていきます。


1) 一升瓶を買って飲むことが前提。
 ・・・封を空けたばかりは味がのっていなくても、1週間後に味がのってきて
    美味しくなる場合が多々あります。
    逆に一口目は美味しいが、すぐに飽きる酒、開封直後は美味いが
    1週間ももたずにへこたれる酒もあります。
    なので、開封から一升瓶を飲みきるまでを総合的に評価したいと思います。
    もちろん居酒屋で一杯飲んだけでの評価とも異なります。

2) 晩酌むけなので、価格との釣り合いを重視します。

3) 基本的にひやと燗で評価します。

4) あくまで「私的な感想」ですので、悪口は絶対に書きません。
  個人的にまずかったと思う酒は本ブログに載せません。
  ただし、私の嗜好に合わなくても、個性的と評価できる酒は積極的に紹介したいと思います。  



【重要】
私の嗜好を述べておきます。
酒は嗜好品であり好き嫌いは十人十色ですので、初めに好みを述べておくことは重要と思います。
香りの強い酒、生酒がお好きな方とは評価が異なると思います。

①純米酒中心ですが、アル添絶対否定派ではありません。
②生酒は嫌いではありませんが、火入れしてた酒の落ち着いた味わいが好みです。
③原酒よりも少しアルコール度数を下げた酒のほうが好きです。
④カプロン系の香りが強い酒は苦手です。
⑤熟成感のある酒が好きです。
⑥酒質と関係ないですが、瓶、ラベルにも多少影響されます。
⑦酒を覚えた経緯から、正直に言って上原淳先生の影響(←マニアック)が強いです。





ということで第1回は
『常きげん 山廃仕込純米酒』

f0215709_20554976.jpg


・石川県加賀地方の酒です。名杜氏といわれる野口杜氏が醸してる酒として
 地酒ファンに知られている銘柄ですね。
・蔵元のHPでは2,940円となっているが、もっと安く買ったような気がする。。(気のせいか?)
・スペック:山廃純米/精米歩合65%/五百万石
・八尾のM酒店で購入。

3年前にも購入したことがあり、その時は生酛系特有の厚みのある味わいと、
(下手な山廃にある)ごりごりのくどさはなく滑らかなコクが印象が残っていました。

今回、改めて飲んでみると、
・ひやでは酒の資質の半分も楽しめない感じ。(まずくないですが、ひやで飲むのはもったいない)
・燗も非常にデリケートな印象です。ぬる燗でもちょっと荒れたように感じました。
・ぬる燗から少し冷めた人肌燗~日向燗くらいでは、非常に美味い。
 上品な生酛系の酒の見本のように、滑らかさが際立ってきました。
・燗向けの酒。人肌燗がオススメ。
 ある程度酸があるので、こってりした料理との相性も悪くないです。
 (ハタハタの干物との相性が◎)
・ラベルのデザインがちょっとダサいかな・・・。
・価格的にもまずますと思いますが、燗のつけ方で印象がガラリとことなるので、
 通向けのお酒かもしれません。


こんな感じで酒の感想をぼちぼち載せていきたいと思います。
[PR]
# by lisarb_coffee | 2010-03-07 17:32 | 日本酒 | Comments(2)

ひろきや (JR茨木)

太田和彦氏の名著「ニッポン居酒屋放浪記」に影響を受けたこともあり、
一時期、居酒屋&BAR巡りに嵌ってました。

ほとんど飛び込みでしたから、素敵な店に出会ったこともありますが、
やはり「失敗」も多々ありました。

そんな経験から僕が気に入った居酒屋の共通点を探ってみました。

そのひとつに「おくゆかしさ」があります。
「備長炭で焼き上げた○○地鶏」
「厳選した○○産黒毛和牛使用」
「○○さんが丹念に育てた有機野菜」
「厳選したプレミアム焼酎」
とかを全面的にアピールしないんですよね。
もっと大きくアピールしてもいいのに、それをしない。
それで美味しい。
そんな店が好きです。


『ごはん処ひろきや』
ここもそんな店です。
料理の味付けにセンスを感じます。
居酒屋閑散地のJR茨木エリア。
仕事帰りにちょっと一杯するのに入りやすい広さと
フツーに美味しいので飽きのこない店です。

先日も牛筋焼きうどんを頼んだが、いい牛筋つかってたな~。
ビールはエビス。
酒はどちらかというと焼酎メイン。

店主に了解を得たので、簡単な情報載せます。
JR茨木(東口)
f0215709_187334.jpg

5時くらいから店開けてんのかな。
定休日(月曜)
[PR]
# by lisarb_coffee | 2010-03-06 18:08 | 日記 | Comments(0)

贈り物

お店を立ち上げることで、工務店さん、大家さん、友人などから
花を贈っていただきました。
嬉しいことです。

・・・ここまではよくある話。

昨日のオープン2日目、なんとお客さんからお花をいただきました。
しかも、昨日以前にお会いしたのはオープン前の試飲会に一度きていただいただけ。

開業独立を計画していたころ、個人開業している先輩方から
「大変やで~」「サラリーマンがいいよ~」
ということを多々聞かされました。
既に開店するまえに実感しています。。。

でも、「いろんなお客さんと会えて、楽しいこともあるよ」
とも聞かされていました。
昨日はそんな一日でした。


嬉しいもんですね。

花瓶がなかったので、レトロ調のカップに花を挿しましたが
なかなかさまになっています。
花束ありがとうございます。

f0215709_10563752.jpg
花束ありがとうございました。
[PR]
# by lisarb_coffee | 2010-03-01 11:00 | 日記 | Comments(0)