<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

純米大吟醸で晩酌

昨日は、チダイが安く売っていたので、煮付けにしてみました。

エラと内臓をとって、酒&醤油&コブだしでさっと炊いて、
後は保温調理。
結構、美味しく仕上がりました。
f0215709_1727924.jpg



合わせたお酒は「千代むすび 純米大吟醸・斗瓶囲いしずく酒」。

水木しげるさんで有名な鳥取県の境港のお酒ですね。
JAL(ANAだったかも?)のファーストクラスで提供されているお酒とのこと。
圧をかけずに、重力のみでポタポタ落ちた滴を斗瓶にとって瓶燗したものなので、
かなり限定的なお酒でしょうね。
f0215709_16374934.jpg


購入時は「まだ固いよ」とアドバイスされたので、4か月ほど熟成させました。
そのせいか開封直後でも、思ったより味のある大吟醸でしたね。


日本酒を知るうえで、このようなフラッグシップ的なお酒と
じっくり一升瓶で向き合うのも必要でしょう。
外飲み(店飲み)でグラス一杯飲むのとは違う一面が見えるからね。

封開けして、半分弱は4合瓶に詰め替えて冷蔵庫で置いて、
残りは常温で置くことにしました。
1~2週間かけて、どのような変化があるか楽しみです。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-30 18:55 | 日本酒 | Comments(0)

瀬戸内ツーリング③

今回のツーリングは、ほとんど安芸の島々の走りに集約しましたかな。


他に気持ちよく走れた道はこちら↓。

安芸川尻から野呂山へ向かうさざなみスカイライン
快走&ワインディングのスカイラインでした。
f0215709_17305952.jpgf0215709_17311565.jpg

安芸灘を望む展望もGood。
f0215709_1731451.jpg



東広島から三次市にのびる国道375号線
山村風景が楽しい快走路でした。
f0215709_1736136.jpg


世羅広域農道・フルーツロード
早朝に気持ちよく走りました。
f0215709_17383817.jpgf0215709_17385677.jpg




今回もテントを積んのキャンプツーリング。
全く人気ない山奥のキャンプ場で、気さくなカップルとバーベキューを
一緒させていただいたりして、楽しい夜も過ごせましたね。

奥のふたの中身は
f0215709_17432097.jpg

手作りキョーザ。美味しかった~。
f0215709_17433370.jpg




以上デス
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-28 19:23 | ツーリング・旅行 | Comments(0)

瀬戸内ツーリング②

天気も良く、気温も良く、ひとは少ない
こんな日のオートバイツーリングはやはり最高ですね。


安芸灘とびしま海道では最高に気持いい走りが楽しめました。



岡村島
海が近い
f0215709_14525430.jpg
f0215709_13525967.jpg


ナガタニ展望台からの展望
f0215709_13545151.jpg
f0215709_1355539.jpg



大崎下島
農道を駆け上がると、ミカン畑が見下ろせます。
f0215709_14245063.jpgf0215709_14421470.jpgf0215709_14422745.jpgf0215709_14424084.jpg

急こう配のなので、小さなトロッコで収穫したミカンを農道まで運んでいました。
f0215709_14532910.jpg
f0215709_1441621.jpg



豊島~上蒲刈島
ほぼ2車線の海沿い快走路
f0215709_14455837.jpgf0215709_14465775.jpgf0215709_14543811.jpg



この後、下蒲刈島からは安芸灘大橋で本州に渡りました。



兎に角、気持ちよかったですね。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-25 19:43 | ツーリング・旅行 | Comments(0)

瀬戸内ツーリング①

先週は連休をとって、瀬戸内へとオートバイツーリングに行ってきました。




昨年同様、オレンジフェリーで夜のうちに東予港へ移動。
ここから出発。
f0215709_17482434.jpg



東予港から今治まで30分程度移動して、せきぜんフェリーで安芸灘とびしま海道を目指します。

今治城を後にして、
f0215709_1754173.jpg

しまなみ海道や
f0215709_17554636.jpgf0215709_17562375.jpg

今治の造船所
f0215709_17571874.jpgf0215709_17573487.jpg

瀬戸内の島々をみながら、
f0215709_17585676.jpgf0215709_17592659.jpg

約1時間の移動。

地元の人にとっては生活の足でしょうが、
旅行者にとっては、ちょっとした船旅気分がが味わえて楽しいです。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-23 19:30 | ツーリング・旅行 | Comments(0)

今日から営業再開です。

GW後に連休をいただき、瀬戸内へとオートバイツーリングに行ってきました。

初日◎、二日目(△→×)、三日目(×)と
天気に恵まれませんでしたが、
気分はかなりリフレッシュできました。

昨日豆を焼いて、今日から営業再開です。

取り急ぎ、ツーリング風景をちょこちょこっとアップします。


f0215709_14243879.jpgf0215709_14244733.jpg
f0215709_14245569.jpg
f0215709_1427251.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-17 19:03 | 日記 | Comments(0)

GW②

ゴールデンウイーク期間が終わりましたね。

毎年、喫茶の来客では1年で最も忙しい時期。


せっかく寄っていただいたので、できるだけ店に入っていただくのがいいのか。
無理やり詰め込むよりも、席に座られたお客様により満足していただくのがいいのか。
勿論、両方満たせるのが最善だが、店のキャパシティを超えた場合は、
どちらかに重点を置くしかない。
この辺のバランスは難しいですね。


今年も反省点は一杯。
来年に向けて、もう少しレベルアップしましょう。


3週間ほど前から、毎朝とろろご飯を食べています。
すりおろした山の芋、納豆、生卵にご飯。
滋養強壮効果が効いてきたのか、
忙しくとも、体力的にはさほどへばりませんでした。
ALL in ONE的に食べれるので、忙しい朝にはメリット大です。
f0215709_13492670.jpg




来週の月から金曜日(5/12~5/16)まで、連休いたします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-07 18:32 | 日記 | Comments(0)

珈琲屋のお仕事

お客様のなかに、私の仕事に興味を持っておられる方もいるようですし、
当たり前にやっていることが、意外と新鮮に受け止められることもあるので、
少しづつですが、仕事の一端を紹介してみます。


今回はミル(グラインダー)のメンテナンスです。

f0215709_1592061.jpg
ボンマックのミル。正直に言うと、外観デザインはあまり気に入っていないです。。。


分解すると、こんな感じ。
f0215709_15125655.jpg



フラット歯と言われるものです。f0215709_15184219.jpgf0215709_1519237.jpg
      上の歯(固定側)                     下の歯(駆動側)


f0215709_1795120.jpg
茶色に見えるところが、微粉がこびりついた箇所です。


ブラシや竹櫛などで、微粉を落とします。
左が清掃後、右が清掃前。
f0215709_1523451.jpg



挽かれた粉の吐き出し口も結構微粉がたまります。
f0215709_15243739.jpgf0215709_15245134.jpg



掃除後はこんな感じ
f0215709_15251452.jpgf0215709_1774059.jpg



こんな注意書きが貼っています。
ミルの電源を挿したまま掃除するような、剛の強者もいるかもしれないですね。
f0215709_17111679.jpg




まだまだお客さまも少ないので、
ミルのメンテナンスは月一回ってとこです。

開店当初は結構な手間と感じながら施行していましたが、
さすがに4年も経つと、閉店後にちゃちゃっと済ましてしまいます。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-06 19:30 | コーヒー | Comments(2)

GW

昨日・今日は天候に恵まれ、
また芥川の鯉のぼりと高槻ジャズストリートが重なったので、
沢山のお客様に来ていただきました。


今日は洗い物が溜まって、見苦しかったです。。。

洗い終わって、甘~いハニーコールドで一服してながら、干してるところ。
当店のような小さな店ではこれだけ溜まると、スペクタクル(?!)です。
f0215709_21263353.jpgf0215709_21264668.jpg



早いところ片づけて、メイウェザーvsマイダナを観なくては!


明日、明後日の連休後半もよろしくお願いします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-04 21:35 | 日記 | Comments(0)

Tina Brooks (ts)

テナーサックス奏者のティナ・ブルックス

この人も音色が好きですね。

くすんだ様な、かすれた様な音色と
どこか憂を帯びた、ソウルフルなフレーズと合わさって
実にアーシー、ブルージーな味わいがあります。

若くして亡くなったので、作品が少ないのが残念。
ブルーノート・レーベルの常連テナーサックス奏者というと、
ハンク・モブレーとスタンレー・タインタインが思い浮かびますが、
ブルックスがもう少し生きていれば、ブルーノートの作品群(4000番代)を
より彩り豊かなものにしたことでしょう。


私の愛聴盤はこの3枚です。

Tina Brooks 『True Blue』 (1960, Bluenote)
f0215709_12495354.jpg
ジャズの中で最も好きな作品のひとつ。
ブルックス(ts)を始め、フレディ・ハバード(tp)もデューク・ジョーダン(p)も、、、すべていいんです。


Freddei Hubbard 『Open Sesame』 (1960, Bluenote)
f0215709_1254991.jpg
上記の作品からピアノがマックイ・タイナーに替わってます。
こちらのほうがアグレッシブに感じます。


Tina Brooks 『Back to the Tracks』 (1960, Bluenote)
f0215709_1258843.jpg
当時はカタログに載っていたにも関わらず、リリースされなかった作品。でも、中身は◎◎◎
[PR]
by lisarb_coffee | 2014-05-02 16:13 | ジャズ | Comments(0)