<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ピーベリーとか焼き菓子とか 

夏にグァテマラのピーベリーを焙煎しましたが、
少量しかなかったために、飲めなかったお客さまもおれてました。

「飲んでみたかった」という要望がございましたので、
11月にもう一度焙煎することにしました。

40kgの生豆からハンドピックでピーベリーだけを選別。
約5%の2kgほど採れました。
結構、手間がかかります。。
f0215709_1553317.jpgf0215709_15534071.jpg


「手間がかかるからこそ美味しい。」
「希少だからこそ美味しい。」
このように煽り立てて販売したいところですが、
正直なところ、ピーベリーだから美味しいというのは不適切かと思います。

ただし、ピーベーリーの場合
丸い形状であることや、比較的小粒で大きさが揃っていることから、
焙煎しやすい豆とは言えるでしょう。

手網焙煎を始めるにあたって、
ピーベリーで練習するというのはお勧めです。
僕も初心者の頃は、ピーベリーから始めました。

ピーベリーを知る・経験することも楽しいでしょうし、
この期間に飲みに来られてはいかがでしょうか?

11月8日(金)に焙煎します。

また、同じ期間中には久しぶりに南平台のメゾン・ド・フレイズさんに
焼き菓子を焼いてもらうことになりましたので、こちらのほうもよろしくお願いします。

[PR]
by lisarb_coffee | 2013-10-30 15:57 | お知らせ | Comments(2)

私の拘り(こだわり)

正直に言うと、「拘りの珈琲屋」と言われるのは苦手です。

「珈琲に拘ってますね」と言われるよりは
「珈琲が美味しかった」と言われるほうが、ずっと嬉しいです。

「拘りの珈琲屋」ではなくて、「まともな珈琲屋」でありたいです。



しかしながら、仕事を離れた私生活ではいくつかの
くだらない(!)拘りを持っています。。

お客さまから百貨店限定の高級ポッキーをいただこきました。

このポッキーの食べ方に私なりの「拘り」ございます。
昔から、2本ずつ食べないとと気がすまない。
1本ずつでは何か寂しい。物足りない。
かと言って3本以上はボリューム感が出過ぎてNGだ。
やはり、ポッキーは2本ずつ食べないと!

高級ポッキーであろうと例外ではなく
2本ずつ食べました。

美味しかったです。
有難うございました。

f0215709_15174677.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2013-10-28 15:24 | 日記 | Comments(0)

Panama DonーPachi Bourbon


定番で置いていますパナマ・ドンパチ
パナマ・ドンパチ・ブルボンに替わります。

既存品がティピカ種であったのに対し、新しい豆はブルボン種になります。

同じドンパチ農園であるためか、どちらも上品でデリケートなところは似ています。
焼き過ぎると、同じような味わいになるので、焙煎はちょっと気を使います。。

ティピカは柔らかいコクがあるのに対し、
ブルボンはフレッシュフルーツのような爽やかな酸味が特徴でしょうか。

※期間限定品になります。




ティピカとブルボンはコーヒー(アラビカ種)が世界に広まった
大きな潮流です。

個人的なイメージですが、
ティピカらしさを楽しめるのがブルーマウンテンやハワイコナで
ブルボンはというとグァテマラSHB、という印象を抱いています。
(古いイメージかも??)
[PR]
by lisarb_coffee | 2013-10-23 18:46 | コーヒー | Comments(0)

エルサルバドル・パカマラ

久しぶりにエルサルバドル・パカマラが登場です。

パカマラというのは栽培品種の名称です。

エルサルバドルで開発されたもので、
パーカス種(ブルボン・グループ)とマラゴジッペ種(ティピカ・グループ)との
人工交配種です。

パカマラという可愛い(?)名称通り、
ソフトな味わいなんですが、
その味わいの中に、
どことなく砂糖抜きのココアみたいなニュアンス、
少し冷めてくると、さわやかな酸味が楽しめます。
[PR]
by lisarb_coffee | 2013-10-11 12:26 | コーヒー | Comments(0)

美作国(岡山県北部地方)へツーリング

先日、美作国(岡山県北部地方)へツーリングに出かけました。

こんなところを走ってきました。。

宿泊した宿の近くは棚田の鑑賞ルート。
早朝に秋の棚田をたっぷり堪能できました。
稲刈りがほぼ終わっていたのが残念。

f0215709_14425695.jpgf0215709_14432456.jpg
f0215709_14434946.jpg f0215709_14444350.jpg

f0215709_14463716.jpg f0215709_14464824.jpg

f0215709_14473347.jpg

【岡山県 誕生寺の近辺】
景観度 ★★  ・・・田圃に水を張っている時期なら★★★でしょう。
快走度 星なし ・・・走るより、ゆっくり棚田を干渉すべし。
(注)絶対に迷子になるので、時間に余裕を持って訪れるべし。



県道30号線はツーリングマップル2003年度版で
「山と川の眺め バツグンにいい快適な道」
と紹介されていたので、北上するように走ってみました。

書かれていた通り、最高に気持ちいい道でした。

旭川に沿って、快適なワインディング道路が続きます。
f0215709_144847.jpgf0215709_1752841.jpg
f0215709_176562.jpg

【県道30号線 旭川第2ダム~落合大橋】
景観度 ★★  ・・・紅葉の時期なら★★★でしょう。
快走度 ★★★ ・・・アップダウンはないが、ワインディングが十分楽しめます。



国道313号線に入ってから交通量が増えたものの、流れは悪くない。
湯原温泉付近からは車もすくなく、蒜山までずっと快走です。

f0215709_1773691.jpgf0215709_1774641.jpg
f0215709_178042.jpg

【国道313号線 湯原温泉~関金温泉】
景観度 ★   ・・・これまで走った来た30号線が良すぎたので、やや単調に感じました。
快走度 ★★  ・・・スピード出し過ぎに注意!!!



関金温泉・関の湯で一休み。
このような質素な共同浴場って好きなんですね。
f0215709_1782567.jpgf0215709_1784133.jpg

日中は夏日でしたが、朝から山間部を走り続けると、感じているより身体が冷え込みます。
ここで手先足先をじっくり温め、一気に大阪まで帰りました。



今回お世話になった宿 遊民宿 旅のあしあと
旅好きの夫婦が岡山に移住して、民宿を始めたとのこと。
ビジネスホテルなどではありえない「楽しさ」があります。
今回のツーリングにおいて、この日の夜がとてもいい思い出になりました。
兎に角、星空が綺麗でした。
f0215709_17195845.jpg


起床時に民宿の窓から撮った風景。
f0215709_1712413.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2013-10-07 17:21 | ツーリング・旅行 | Comments(0)