<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

私的Jazz隠れ名盤・裏名盤10選 part3

Part3よりブルーノート以外のレーベルも登場です。



ピアノ・トリオ+コンガのマリアージュ
ホレス・パーラン 『Haedin' South』(Blue Note)


f0215709_1739930.jpg
ホレス・パーラン(p)の表名盤は文句無しに『Us Three』(Blue Note)でしょう。
私が裏名盤として推すのがこの『Headin' South』です。

ピアノ・トリオ+コンガという珍しい編成。
が、決して奇をてらった作品ではありません。
ただでさえアクの強いパーラン・トリオに、レオ・バレットのコンガが加わって、
ますますコッテリ粘着度UPです。
が、どこかカワイイ。
美味しい。
トマトにわさび醤油の食べ合わせみたいに(?)。
[3]のサマータイムなんか最高です。
[5]はカッコイイし、
[4]の同じを延々と続けるところとか、 
非常に個性的な作品です。

PS.パーラン・トリオ+ブッカー・アーヴィン(ts)の『Up & Down』(Blue Note)もオススメ。


1. Headin' South
2. The Song Is Ended
3. Summertime
4. Low Down
5. Congalegre
6. Prelude to a Kiss
7. Jim Loves Sue
8. My Mother's Eyes

Horace Parlan (p),George Tucker (b),Al Harewood (ds),Ray Barretto (conga)



ホンカーの魂
アーネット・コブ 『Party Time』(Prestige)


f0215709_17394547.jpg
アーネット・コブ(ts)のみならず、ブラック・ミュージックを代表する大傑作でしょう。
歌心溢れる[1]
疾走感が堪らない[2]
クライマックスはホンカーの教科書[3]。
レイ・ブライアント(p)がいい仕事してます。
兎に角、アーネット・コブ凄み、歌心、魂が味わえます。
コルトレーン、ロリンズもいいけど、この作品もジャズ・ファンの必聴盤と断言したい。
プレステッジ・レーベルの名盤。


1. When My Dream Boat Comes Home
2. Lonesome Road
3. Blues In The Closet
4. Party Time
5. Flying Home
6. The Slow Poke
7. Cocktails For Two

Arnett Cobb(ts),Art Taylor (ds),Ray Bryant(p),Wendell Marshall(b),Ray Barretto(Conga)


ソウルフルなピアノ
レイ・ブライアント 『Here's Ray Bryant』(Pablo)


f0215709_17413112.jpg
『レイ・ブライアント・トリオ』『アローン・アット・モントルー』が表名盤ならば、
裏名盤が本作ですかね。
前出2作よりとっつきやすいし、ブライアント(p)の魅了も十二分に詰まっています。
[3]とかすごく楽しいし、[8]は曲調とソウルフルなプレイが相まって、素晴らしい。



1.Girl Talk 
2.Good Morning Heartache
3.Manteca
4.When Sunny Gets Blue
5.Hold Back Mon
6.Li'l Darlin'
7.Cold Turkey 
8.Prayer Song 
 
Personel:
 Ray Bryant(p),George Duvivier(b),Grady Tate(ds)
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-29 19:59 | ジャズ | Comments(0)

私的Jazz隠れ名盤・裏名盤10選 part2

part1に引き続き今回もブルーノート盤の紹介です。


音のシャワーを浴びる快感!
ジミー・スミス 『Incredible Jimmy Smith At Club Baby Grand, Vol.1 』(Blue Note)


ジミー・スミス(org)のブルーノート盤作品は沢山あって、どれから聴けばいいか迷う。
たまたま安売りでみつけた本作でしたが、大当たりでした。

特にホレス・シルバーのヒット曲[3]は最高にGroooovyな演奏です。
スミスのソロが最も盛り上がる所で、音のシャワーを浴びる快感ときたら!
是非とも大音量で聴きたい作品。

f0215709_14104870.jpg

(Rudy Van Gelder Edition)
1. Sweet Georgia Brown
2. Where Or When
3. The Preacher
4. Rosetta

Jimmy Smith (org) Thornel Schwartz (g) Donald Bailey (d) Mitch Thomas (ann)



コテコテ演歌大会
アイク・ケベック 『Blue & Sentimental』(Blue Note)


アイク・ケベック(ts)は目立たない存在ですが、ブルーノート4作品はどれも大好きです。
米国では結構人気あったと書かれた文献を読んだこともありますが、
日本の名盤集みたいな書物では、まず登場しない。

この作品はアイク・ケベックとグラント・グリーン(g)のコテコテ演歌大会。
ケベックのテナーサックスの太い音色と、グリーンの粘っこいフレーズの相性が◎。
[1]の初っ端からグリーンの真髄に引き込まれます。

f0215709_14102296.jpg

(Rudy Van Gelder Edition)
1. Blue And Sentimental
2. Minor Impulse
3. Don't Take Your Love From Me
4. Blues For Charlie
5. Like
6. Count Every Star
7. That Old Black Magic
8. It's All Right With Me

Ike Quebec(ts, p),Grant Green(g),Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
on 06.Ike Quebec(ts),Sonny Clark(pf),Grant Green(g),Sam Jones(b),Louis Hayes(ds)



これはA級ハードバップ
J.J.ジョンソン 『Eminent J.J. Johnson vol.1』


J.J.ジョンソン(tb)というよりもクリフォード・ブラウン(tp)の裏名盤。
特に[1]のJ.J.ジョンソン(tb)~ジミー・ヒース(ts)と続いてブラウン(tp)のソロへの流れは最高にカッコいい。
[3]のトランペット・ソロも痺れますわ。
ブラウンのトランペットが聴ける作品ははブルーノート盤の『バードランドの夜』『メモリアル・アルバム』や本作の演奏が好きです。
マックス・ローチとのクインテッド作品は完成度が高すぎて、ちょっと面白みに欠ける。

f0215709_1495413.jpg

(Rudy Van Gelder Edition)
1. Capri
2. Lover Man
3. Turnpike
4. Sketch
5. It Could Happen To You
6. Get Happy
7. Capri (alternate take)
8. Turnpike (alternate take)
9. Get Happy (alternate take)

Jay Jay Johnson (tb),Clifford Brown (tp),Jimmy Heath (ts,bs),John Lewis(p),Percy Heath (b),Kenny Clarke (ds)
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-27 19:46 | ジャズ | Comments(0)

明日(29日)は珈琲教室です。

明日(29日)は珈琲教室のため、午前中は豆売りのみの営業になります。
12時以降は平常通り営業いたします。



よろしくお願いします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-27 19:31 | お知らせ | Comments(0)

京都三昧

昨日の定休日は京都にお出かけ。
市バスのフリーチケットを利用して、いろんなところに行きました。

午前中は北野天満宮の蚤の市を散策。
f0215709_18181797.jpg

f0215709_18185736.jpg

こちらの露店で古い備前焼きの湯呑みを購入。
お猪口として使用する旨を店のお兄さんに話したら、
日本酒談義で盛り上がってもうた。


北野天満宮周辺では、これといった食堂が見つからなかったので、
出町柳に移動して、なぜかタイ料理で昼食。
お店のお姉さんが気さくな方で、食事以外にも楽しませていただきました。
タイの焼酎を試してみたかったが、まだお昼なので自粛。


午後は京都市美術館で「フェルメールからのラブレター展」を観覧。
たまには芸術に触れるのもいいもんです。
f0215709_18194834.jpg


最後はJR京都駅近くの楽座いのうえに寄り、ベルギービールと日本酒で〆る。
f0215709_18205871.jpg
時代(杉勇)生酛純米生原酒の活性にごりは開封するのに30分くらいかかった。
f0215709_1820398.jpg

濃厚でしたが、生酛系特有の(?)酸が効いているので、後味は爽やかな印象。
チーズと酒盗の和え物と相性抜群。
f0215709_18213586.jpg

その他に紀土(KID)、金鼓の古酒、杉勇・純米生、杉勇・大吟古酒などを試飲(?)しました。
帰りに店主に勧められた黒龍の本醸造を購入。
その際にも、いろいろと日本酒のお勉強させていただきました。
ここも面白い酒屋です。

一日中、京都を楽しんで、いい気分転換できました。


9月6日(火)~9月8日(木) 夏季休業します。
●来週の日曜日(8月28日)は珈琲教室の為、12時までは喫茶営業はしていません(豆売りはやってます)。 

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-26 20:16 | 日記 | Comments(0)

私的Jazz隠れ名盤・裏名盤10選 part1

所謂ジャズ名盤特集みたいなリストには載らないけど、
目立たなくとも隠れ名盤・裏名盤的な素晴らしい作品にも沢山出会いました。

ハードバップ中心に、私の愛聴している隠れ名盤・裏名盤を10枚選んでみました。




ご飯に味噌汁、焼き魚みたいな安心感がある。
サド・ジョーンズ 『Detroit-New York Junction』(Blue Note)

f0215709_1813474.jpg


ベイシー楽団での活躍が印象に残るサド・ジョーンズ(tp)。
リーダー作品としてはブルーノート盤の『Magnificent Thad Jones』が断トツに有名みたいですが、
同じBN盤のこの作品もいい。
ブルーノート1500番台では地味かもしれませんが、50年代のジャズのいいところって感じがします。
[1]がいい。
各々走りすぎずに適度に抑制が効いたソロ演奏が、曲全体のまとまりを良くした感じですね。

(Rudy Van Gelder Edition)
1. Blue Room
2. Tariff
3. Little Girl Blue
4. Scratch
5. Zec

Thad Jones (tp),Billy Mitchell (ts),Kenny Burrell (g),Tommy Flanagan (p),Oscar Pettiford (b),Shadow Wilson (ds)




ほどほどに'黒っぽい'作品
スタンレー・タインタイン 『Up at Minton's』(Blue Note)


f0215709_18184883.jpg


タインタイン(ts)、ホレス・パーラン(p)、グラント・グリーン(g)。
この3人が集まればブルーノートっぽい真っ黒な作品と想像できますが、
アーシーでありながらも適度に軽く、スタンダード曲ばかりで聴きやすい作品。
タインタインはムード・テナー風の演奏より、本作品のようなストレート・アヘッドなのが好き。
なんか癖になって、ここ数ヶ月最もターンテーブルに乗せたかもしれません。

ミントンズ・プレイハウスでの実況録音盤。
ジャズ初心者にはマイルスの『Kind of Blue』より、こういう作品から聴き始めたほうがいいかも。

Disc1
1. But Not For Me
2. Stanley's Time
3. Broadway
4. Yesterdays
Disc2
1. Later At Minton's
2. Come Rain Or Come Shine
3. Love For Sale
4. Summertime

Stanley Turrentine (ts) Horace Parlan (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Al Harewood (d)


Part2に続
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-24 18:21 | ジャズ | Comments(0)

雑文

昨日、今日は一人で来店されるお客様が多かった。
全体の8割くらいかな。

各々が文庫本、雑誌を持参されて、珈琲を飲みながら読書を楽しまれている。
静かな空間にBGMのモダンジャズが流れる。
そして、これまた多くの方が気に入った豆を買ってくださった。

う~ん。
理想的。


いつもこんな日が続けば、、、、よくない!

いつもこんなんやったら、間違いなく俺は勘違いする。
絶対に調子に乗る。
自分(の店)に酔う。



もっと頑張らんと。

当店を魅力を
ではなく
珈琲の魅力を広めなくては。


自分自身はもっともっと珈琲の深みを探求しながら、
他方、敷居を下げて、初心者の方に珈琲好きになる取っ掛かりを
提供できるような店にしたい。


今んと
こ、こんなこと考えています。
・新しい豆のラインナップ ・・・すでに入荷してハンドピック済み。少し涼しくなったら登場予定。
・深~く焙煎した豆の検討 ・・・今週、数名の常連様に試作品を提供しましたが、なかなか好評でした。
・珈琲教室ステップアップ編の導入 ・・・まだ時期尚早かな?





●9月6日(火)~9月8日(木) 夏季休業します。
●来週の日曜日(8月28日)は珈琲教室の為、12時までは喫茶営業はしていません(豆売りはやってます)。
 

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-23 19:21 | 日記 | Comments(0)

利き酒シート

福喜多さんでの日本酒会も、なんだかんだで1周年を迎えることができました。
納涼会と称して昨年8月にスタートして、3ヶ月に1回のペースでこれまで4回続きました。

8月20日の第5回では、利き酒シートを導入してみることになりました。
ただ単に飲んで「美味しい・美味しくない」「好き・嫌い」だけから
もう少し踏み込んで日本酒を楽しんでみましょうと考えたので。

利き酒シートの形式はSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)のカッピングフォームを参考にして作成しました。

SCAJカッピングフォームと最も違う点は「この酒に合う肴は?」という項目があることです。
品評会ではなく、日本酒をより楽しもうが目的なので、
「食中酒としての日本酒」を意識せねば楽しくないからね。


珈琲も日本酒も同じ嗜好品であるから、
珈琲を提供する者としても、
この会を通して何か得るものがあると期待しています。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-14 20:42 | 日本酒 | Comments(0)

ふと読み返したくなる、花村萬月さんの小説


学生時代に友人から勧められて読んだ花村萬月さんの小説。
当時はハードボイルドな小説を好んでいたので、
最初にi花村さんの作品を読み始めたときは、
(ペンネームのせいもあり)青臭さそうで苦手に感じましたが、
数ページめくる内にだんだん嵌っていきました。

どちらかというと初期の頃の作品や旅の要素が含まれる作品が好きで、
今でも、ふとした時に読み返したくなります。

個人的なベスト3作品は
「ブルース」(角川文庫) ・・・強烈な暴力描写ですが、切ない。
「ゴッド・ブレイス物語」(集英社文庫) ・・・青春小説なんですが、どこか苦味が利いてる。
「真夜中の犬」 (光文社文庫) ・・・セックスと暴力、だけじゃなく旅の要素も味わえます。

他にも「2進法の犬」「なで肩の狐」「旅を」「聖殺人者イグナシオ」「皆月」とか好きですね。
小説ではありませんが、オートバイ・ツーリングの魅力をまとめた
「自由に至る旅 ―オートバイの魅力・野宿の愉しみ」(集英社新書)は文句なしの名著でしょう。


ちなみに今現在は「風転」 (集英社文庫) を読み返しています。
(まだ上巻の旅に出る手前のところ。)
6年ぶりに読み返していますが、面白いッ!
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-12 19:21 | 日記 | Comments(0)

手打ちパスタ体験

昨晩は桃山台のイタリアンレストラン・Caciucco(カチュッコ)さんの4周年パーティーにお呼ばれして
久しぶりの(本当に久しぶりだ)レストランでの食事を満喫してきました。

イベントで手打ちパスタを体験できるというのでチャレンジ。
f0215709_18433819.jpg

f0215709_18435727.jpg

機械ではなく、本当の手打ちのパスタは重労働。
うっすら汗をかきました。

f0215709_18444439.jpg

出来上がったパスタです。


この日は3種類のスパゲッティをいただきました。
細麺の冷製パスタのツルツル感が稲庭うどんだとすると、
手打ちパスタのスパゲッティは伊勢うどんの食感ですかな。


いろいろ食べましたが、写真はなし。
周りの女の子たちは、きっちり写真を撮っていましたが、
食い意地の張った我々高槻組は写真撮るより先に
食う、そして飲む。

相変わらず、ブロガーには程遠いです。。。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-06 18:46 | 日記 | Comments(0)

珈琲の分類(案)

最近、改めてワインの勉強を再開しています。

ワインそのものをもっと楽しみたいこともありますが、
珈琲(と日本酒)を楽しむ上で、プラスになると思ったので。
なので、読書による知識先行です。

興味深かった、初心者向けの大まかなワインの分類を取り上げてみます。
ソムリエの田崎真也氏とワイン研究家のヒュー・ジョンソン氏の著書ではこの通り紹介されています。

田崎真也「ワイン生活ー楽しく飲むための200のヒントー」より
1.やさしい甘みとシャープな酸味の白ワイン(ライトグリーン・パターン)
2.グリーンがかった、とても酸味のシャープな白ワイン(グリーン・パターン)
3.イエローの濃い、酸味のまろやかなタイプの白ワイン(イエロー・パターン)
4.やや甘口のロゼワイン(ロゼ・パターン)
5.辛口のロゼワイン(サーモンピンク・パターン)
6.渋みの軽い、色の明るい赤ワイン(ライトレッド・パターン)
7.渋みの濃厚な、色の濃い、深い味わいの赤ワイン(ダークレッド・パターン)

ヒュー・ジョンソン「ワイン入門」より
1.辛口の白ワイン ・・・単純な味で、際立ったアロマにかけるもの
2.軽量級のアロマに富む白ワイン ・・・ぶどうの実の風味があり、果物や花の匂いを多少とも感じさせるもの。
3.発泡性ワイン
4.自己主張が強く、コクのある辛口白ワイン ・・・最良の葡萄品種でつきうられてことで、或いはまた、充分熟成することで、はっきりとした性格をもったもの
5.甘口白ワイン
6.ロゼワイン
7.若い赤ワイン ・・・葡萄の実の味がする、爽やかなもの
8.標準形の低価格の赤ワイン
9.中くらいの、コクを持つ、熟成に向いた赤ワイン
10.最も色の濃い、血の気の多い赤ワイン ・・・ターボエンジンを搭載したような馬力のあるもの
11.アルコールを添加したワイン


まぁ、完全に分類してしまうと初心者向けにならないだろうし、
むしろ、あえて分類して初心者を導くというのは非常に参考になります。


ここで、遊び感覚で当店に置いている(置いたことがあった)珈琲の分類を試みてみます。
(現状のメニュー表では浅煎り・中煎り・中深煎り・深煎りの4つに分類しています)

まずはカテゴリーを作ってみると

A) 軽い飲み口で、やわらかい味わいの浅煎り珈琲
B) さわやかな酸味の浅煎りor中煎り珈琲 
C) 香ばしさと程好いコクの中煎り珈琲
D) ほのかな酸味とコクの中煎り珈琲
E) フルーティーな酸味の中煎りor中深煎り珈琲
F) 程好い苦味、コク、酸味のバランスの中深煎り珈琲
G) 苦味とコクの深煎り珈琲

異論はあるかもしれませんが、とりあえず、このようにタイプ分けしてみました。

次に分類してみますと、
A)タイプ -->ジャマイカ・ブルーマウンテン、ドミニカ・ティピカ種
B)タイプ -->ドミニカ・カツーラ種、ニカラグアSHG 
C) タイプ -->エルサルバドル・パカマラ種、ブラジル水洗式・半水洗式
D) タイプ -->パナマ・ボケテ、ブラジル水洗式、イエメン・モカマタリ
E) タイプ -->ルワンダ・ミビリッジ、タンザニアAA
F) タイプ -->グァテマラSHB、コロンビアSp、タンザニアAA、ニューギニアAA
G) タイプ -->ケニアAA、マラウィ・チャニア、マンデリンBB、ペルー有機


タンザニアAA(中深煎り)はEにするかFにするか難しい。。
グァテマラとニューギニアを同じタイプに分類するのは強引すぎるか。。。
などなど、
突っつきたくなるところありますが、まずは遊び感覚で。

こういう分類をお客様と共有するには、「基準の味」を何処に置くかがポイントですかね。

f0215709_14171975.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-08-02 20:08 | 日記 | Comments(0)