<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

珈琲教室 アイスコーヒー編 のお知らせ

暑くなったので、家庭でアイスコーヒーを作るときのアドバイスを求められることが増えています。
そこで、7月の珈琲教室は「ご家庭で楽しむアイスコーヒー」のテーマで急遽開催することにしました。

興味ある方は参加されてはいかがでしょうか?
“珈琲教室”と偉そうに名乗ってますが、ワイワイと楽しみながらやっていこうと思います。

申し込みはご来店時にお願いします。



「ご家庭で楽しむアイスコーヒー編」
内容(予定)
・さまざまな作り方の紹介と作り方のコツ
・さまざまな作り方のアイスコーヒーの飲み比べ (7種類程度を試飲する予定です)
参加費:1000円 ※お試し用の水出し珈琲パック付き


「基礎抽出編 ペーパードリップによる抽出」
内容
・珈琲の基礎知識
・ペーパードリップの実践
参加費:500円 


<日程>

7月16日(土) 18:00~19:00 ご家庭で楽しむアイスコーヒー 定員8名

7月17日(日) 10:00~11:00 ご家庭で楽しむアイスコーヒー 定員8名

7月19日(火) 10:00~11:00 ご家庭で楽しむアイスコーヒー 定員8名

7月31日(日) 10:00~11:00 基礎抽出編・ペーパードリップによる抽出 定員4名





f0215709_11213524.jpg
[PR]
by Lisarb_coffee | 2011-06-28 11:25 | お知らせ | Comments(2)

夏でもホット?

先週からえらく暑くなりました。
夏到来ですね。

昨年は記録的な猛暑でしたが、当店では意外とホット珈琲の注文のほうが多かったです。
逆にご家庭で珈琲を楽しまれる方は、断然、アイス珈琲が多かったです。

ご家庭でアイス珈琲を楽しむ為のアドバイスも積極的にしてますので、
豆買いに来た時は、遠慮なくお尋ねください!


ちなみに私の場合は、ホット、アイスは半々ですかね。
たとえば
アイスクリーム食べた後はホット、
風呂上りにアイス、
という感じに。


仕事後の晩酌は冷酒に限ります、、、、ではなく夏でも時々燗酒を楽しんでおります。

暑いから冷酒
ではなく、
夏のおかず・・・冷奴、もろきゅう、なすの浅漬け、じゃこおろし、トマトスライス
などには冷酒のほうが合うから。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-27 20:09 | 日記 | Comments(0)

梅酒を漬ける

今年も梅酒を漬けました。

ベースの焼酎は杜の蔵・酒粕焼酎 「秘伝梅酒用 常陸山」」 。

この焼酎だけで3000円以上したので、ちょっと奮発しました。
ぶっちゃけ、 完成品梅酒のそこそこいいものを買ったほうが安い。

けれど、自分で作る楽しさがあるしね。
お客様に売るモノではないし、失敗してもええではないか。
たかが家庭用なので、「やってみよう」という気持ちは大切にしたいです。

これから3年以上熟成させてから、飲む予定です。



f0215709_14343259.jpg

 
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-22 14:35 | 日記 | Comments(0)

【新登場】夏向けメニュー 第二弾

アレンジ珈琲の定番ハニー・コールドを始めました。

アイスコーヒーにはちみつで甘みを加えたアイスドリンクです。
通常のシュガーシロップと違って、はちみつのコクがあります。
結構、大胆にはちみつが入っていますが、しつこい甘さではなく、さわやかで美味しいですよ。



f0215709_1863471.jpg
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-20 18:07 | コーヒー | Comments(0)

20日(月)午前中はカフェお休みします。

20日(月)はコーヒー教室のため、カフェはお休みして、豆販売のみ営業します。
12時からは通常通り営業します。


よろしくお願いします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-18 20:20 | お知らせ | Comments(0)

これは美味しかった! 羽前白梅 しぼりたて俵雪

日本酒の感想録の更新は久しぶりですね。。。
感動レベルのお酒は書いていこうかなと思います。


羽前白梅 しぼりたて俵雪
f0215709_19383028.jpg
山形県鶴岡市の蔵元です。
地域的には庄内地方の地酒に分類されますかね。
栄光富士、大山、鯉川 とかも庄内だったと思います。

詳しいスペックは
出羽の里/精米歩合 50%
山形KA酵母/日本酒度 +1

「搾りたて」「活性にごり」と記載されていますが、購入時にある程度熟成されていたようです。
封開けすると微発泡のうすにごりタイプでした。
ここの蔵元はほとんどの酒を無炭素ろ過なので、記載されていませんがおそらく無ろ過でしょう。

口当たりはホンマに綺麗。
香りも穏やか。
微発泡がチリチリと刺激しながら、さわやかな甘みが口の中に広がり、す~っと切れる味キレの良さ!
派手さ、味の多さは無く、全体的に綺麗、奥ゆかしい印象です。
肴のホッケの開きまでが上品に感じられましたね。

欠点は、、、、美味しすぎてすぐ空いてしまうことでしょうか。
さすがに燗は試しませんでした。


いつもお世話になっている八尾の三井酒店で店主に進められて購入。
大正解でした。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-17 19:41 | 日本酒 | Comments(0)

【新登場】夏向けメニュー 第一弾

だんだん暑くなってきましたね。
当店でもアイスコーヒー、アイス・カフェ・オ・レのご注文が増えてきました。

夏向けの新しいアレンジコーヒーが新登場です。

マロン・コールド

深煎り豆をたっぷり使って濃い目に抽出したアイスコーヒーに
栗のリキュールを加えたアレンジ・コーヒーです。

リキュールの味に負けないように、ベースのアイスコーヒーを濃い目にしています。
栗リキュールの風味・甘さと深煎りコーヒーの香り・苦味がマッチして美味しいです。

※アルコールが入っているので、車を運転される方への提供はいたしかねます。


f0215709_19322717.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-15 19:33 | コーヒー | Comments(0)

梅雨の風物詩

店を始める前は、花といえばひまわり、たんぽぽ、桜くらいしか分からなかった私ですが、
昔からアジサイが大好きでした。

今朝、JR高槻駅西口からテクテク歩いて店に向かっている間に、
沢山アジサイに出会いました。

なんだか得した気分です。

f0215709_1422978.jpg f0215709_14222953.jpg


f0215709_14233269.jpg f0215709_14235098.jpg


f0215709_142447.jpg f0215709_14242411.jpg


f0215709_14244226.jpg
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-13 14:25 | 日記 | Comments(0)

これは珍しい

昨晩、酒房・福喜多さんに行ったら、珍しい生の豚肉を食べてさていただきました。

牛刺し、馬刺し、鶏刺し、鹿刺しは食べたことあるけど、
豚刺しは初めてです。

美味しかったな~。

塩と生姜醤油でいただきましたが、肉自体はくせは無く、さっぱりしていたので、
柚子胡椒とか薬味味噌とかでも美味しそう。

お酒は開運・無ろ過生原酒・赤磐雄町純米吟醸を合わせました。


酒も肴もマニアックでなかなか入手できないだろうものばかり。
近所でこんな店があるのは幸せですわ~。

ロース。
f0215709_1572089.jpg


こちらはバラ。
f0215709_1575189.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-12 15:08 | 日記 | Comments(0)

渋い! Suzuki GN125F

常連のお客様が納車したてのバイクで店にいらっしゃってくださいました。
嬉しいね。

昨年からいろいろバイク選定で悩んで(and 楽しんで)おられましたが、
最終的にSuzuki GN125に決定。

本日、初お目見えですが、思わず「渋い!」。
大吟醸だけが日本酒ではなく、
COE入賞豆だけが珈琲ではないのと同様に、
大排気量&高スペックだけがバイクじゃない。

オーナーさんの目的に合っており、
個人的にはものすごく素敵なセレクトと思いました。


これから素敵なオートバイライフが送れることでしょう!!


f0215709_17515560.jpg
ゆったりとしたアップハンドル、フラットなシート、単気筒エンジンのレトロな設計が◎
キャリアが標準装備なので、車載性がありツーリング派には嬉しい。

レトロデザインでありながら、スポークホイールでないところが、
実用的というか、Suzukiらしい(笑)



f0215709_17523052.jpg
日本バイクの伝統的デザイン(?)のディアドロップ型フェールタンクも◎
赤が冴えます。



f0215709_17524715.jpg
これもレトロな大きいウィンカーも好印象です。



今は中国でOEM生産しているとのことですが、
こういう素晴らしいバイクは生産中止しないで継続してほしいものいです。
頼むゾSuzuki!
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-06-10 18:07 | 日記 | Comments(0)