<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

気がつけば開店一周年でした。

昨日、店に出て掃除しながら
「そろそろ2月も月末やな~」
と考えていたら、
あ、、、、あぁ、、、開店一周年やった!

そうです、なんとか一周年を迎えることが出来ました。

普段通りの営業で、何も特別なことはしませんでしたが、
ギャラリーイベントの打ち合わせでかばん屋さんに来ていただいたり(←なんと、たまたま居合わせた常連様とその場でトートバックの商談成立!)、
お客様からお客様への贈り物があったり(←俺にはないんかいッ!)、
ヨガの体験させていただいたり(←身体の堅さに我ながら呆れる!)、
楽しい一日でした。


不況不況といわれている昨今ですが、
いろんな飲食店が次々新規開店しているようです。
厳選○○素材を使用!
店主こだわりの○○!
珠玉の○○!
稀少品の為、入手困難な○○!
熟練の○○技術!
秘伝の○○!(もちろん企業秘密!)
というのもよく見かけますが、
私の性格上、照れくさいので、
もう一年は大人しく営業しようと思います。
時間かかると思うけど、
じっくりお客様と接しながら、
珈琲の美味しさを紹介していきたいと思います。


今後もよろしくお願いします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-28 17:03 | 日記 | Comments(2)

珈琲メニューが少し変わりました。

昨年11月からスマトラ・マンデリン(インドネシア)を不定期に焙煎していましたが、
とても人気が有り、定番ラインナップ化の要望が多かったので、
今週から定番メニューになりました。
焙煎は深煎りです。

また、深煎りのフレンチ・ブレンドの配合が変わりました。
従来品に比べてコクが豊かになっています。
深煎り珈琲が好きなお客様に飲んでいただきましたが、なかなか好評です。
ストレート・コーヒーにはない複雑味(?)が表現できていると思います。





f0215709_1343544.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-22 13:43 | コーヒー | Comments(0)

第3回日本酒楽しむ会

先日、三回目となる日本酒を楽しむ会「活性にごり酒大会」に参加しました。

酒房・福喜多の大将も気合の入った酒を揃えてくれてたし、
参加者のNさん、Iさん、Yさんも持ち込みもあって充実したラインナップでした。

やはり、活性にごり酒を開封するときは楽しい!
そのせいもあってか、過去最大の盛り上がりになってました。

記憶があいまいですが、その日飲んだお酒は
・王禄<島根県>  (発泡度合:普通~やや強め)
・奈良萬<福島県> (微発泡。)
・篠峰<奈良県> (やや強め)
・秋鹿<大阪府> (爆発系)
・るみ子の酒<三重県> (外封を取った瞬間に王冠は飛んでったが、以外にも普通の発泡度合)
・(銘柄?)純米大吟譲3年古酒? (個人的には一番美味かった!クリーミーな舌触り&濃厚且つ上品な旨み!)
・その後2本ほど強烈に発泡したのを開けましたが、銘柄忘れました。。。


参加された皆さんもマニア揃いで楽しかったな~。


第4回は5~6月になると思います。
お楽しみに!

f0215709_1973055.jpg
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-21 19:08 | 日本酒 | Comments(4)

特別ギャラリーの予告 part2

先週金曜日から店内にギャラリーのチラシを置いています。
意外と(?)皆様関心もった様子で嬉しい。。


昨今、飲食店などの店舗デザインや、工業製品デザインを眺めていると
私の嗜好にしっくりこないと言いますか、
"デザインしすぎ感"が感じるんです。

もちろんビジネスとして考えれば、
斬新さで人目を引く、
差別化をアピールする、
高級感を出す、
などいろんな事情があるのはわかります。

デザイナーという職業の立場なら、
いろいろ試したい、
個性出したい、
もちろんデザイン料もらいたい、
というのは当たり前でしょう。

ただ、
あえて何もいじらない、
むしろ足すんじゃなくて引いてみる
というデザインもあるんじゃないかと思う。

今回のトートバックの製作者さんと
そんな話題で共感したことが、
このギャラリー企画を考えた発端でした。


奇をてらったものではないですが、どこか新しを感じて、
ありそうでなさそうなデザイン
主張は控えめでも個性的
そんな素敵なトートバックです。

そんなセンスを多くの人に共感してもらえたらオモロイな~と思います。


詳しくは、こちら
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-14 19:58 | お知らせ | Comments(0)

自宅焙煎の結果

先日、自宅で焙煎した珈琲を深煎り珈琲好きの常連様にお出しして、感想聞きました。

・スマトラ・マンデリン(イタリアン・ローストより少し深めの焙煎) 
 当たり前のことですが、苦い。
 フルシティ~フレンチ・ローストあたりで出てくるヌメッとしたオイリーな舌触りはなく、
 スカッとした苦さ。
 喉を過ぎるときにマンデリンの風味がわかる感じ。
 マンデリンの風味の強さを実感。

イエメン・モカマタリ (イタリアン・ロースト)
 苦さをあまり感じないという感想もありました。
 確かに苦いんですが、さわやかな飲み口。
 モカマタリのフレーバーは完全に飛んできましたし、
 言われなかったら、何の豆か分からないと思う。
 しかしながら、飲んだ方全員が、これはこれで美味しいという意見。

私の感想もこれらに似たりよったりでした。
マンデリンの深深煎りはある程度予想してましたが、
モカマタリの深煎りは全く想像ができなくて、興味深い経験になりました。


次は何の豆で試そうかな~?
関心ある方はリクエスト受け付けますよ!

PS.
手焙煎の実演が見たいという要望がありました。
4~5月あたりに、コーヒー教室ステップアップ編として、企画します。
(テーマ案)「珈琲の香味と焙煎の関係」

f0215709_154621100.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-12 19:55 | コーヒー | Comments(0)

今日はアーシーなジャズの一日

今日は朝から雪模様。
なんとなくブルーノートのアーシーなジャズばかり掛けていました。
やっぱり、こういうジャズが好きなんですね。

ジャズを聞き始めたころは"アーシー"という表現が分からなかったのですが、
ずっと聴き続けるとなんとなく分かってきたような気がします。


ホレス・パーラン(p) 「Up & Down」
表題曲におけるジョージ・タッカー(b)の迫力にゾクゾクします。

スタンレー・タインタイン(ts) 「Joyride」
ハービー・ハンコック(p)がいい仕事してます。

ジミー・スミス(or) 「Midnight Special」
ジミー・スミスとスタンレー・タインタイン(ts)の絶妙なけだるい演奏。

ケニー・バレル(g) 「Midnight Blue」
ここでもスタンレー・タインタイン(ts)がアーシーです。

ルー・ドナルドソン(as) 「Gravy Train」
ハーマン・フォスター(p)のゴロンゴロンしたピアノにほんわかさせられます。

ソニー・クラーク(p) 「Sonny Clark Trio」
朝日のようにさわやか、、、じゃないですよね?

アイク・ケベック(ts) 「Heavy Soul」
何度聴いても1曲目の「Acquitted」はかっこいい!

ジョニー・グリフィン(ts) 「Introducing」
グリフィンの乗りまくったブロウ!

ホレス・パーラン(p) 「Heeadin' South」
レイ・バレットのコンガが楽しい。

グラント・グリーン(g) 「Feelin' Spirit」
ここでもハービー・ハンコック(p)がいい仕事してます。

ドナルド・バード 「Fuego」
アーシーというよりファンキーか?


やっぱ寒いと客足が遠のきますね~。
これらの作品をを聴きながら、ハンドピックばかりしてました。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-11 19:29 | ジャズ | Comments(0)

趣味の自宅焙煎

休日を利用して、趣味と研究を兼ねた自家焙煎ならぬ自宅焙煎しました。
もちろん手焙煎です。
たまには仕事を離れて、趣味で珈琲を煎るのも楽しいものです。

・インドネシア・スマトラ・マンデリン
  2ハゼが終わった後40秒くらいで煎り止め。
  焙煎時間は12分くらい。
  
・イエメン・モカマタリ
  2ハゼが完全に終わった後に煎り止め。
  焙煎時間は11分くらい。
  
通常店頭販売している深煎り珈琲はやや軽めに仕上げていますが、
苦い珈琲を楽しみたかったので、イタリアン・ロースト(より深め)の焙煎です。
あえて、肌焼け豆はハンドピックしていません。

これから珈琲を煎れて楽しみます。


関心ある方は来店時にオーダーいただければ、ご提供します。
手焙煎なので少量(各70gほど)しかありませんので、
どうしても飲みたい方は本ブログにその旨をコメントいただければ、
一杯分とって置きます。


↓焙煎直後ですが油脂分が染み出てきてテカテカに黒光りしています。
f0215709_11243573.jpg
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-04 11:26 | コーヒー | Comments(0)

特別ギャラリーの予告

春先に特別ギャラリーを催すことなりました。

神戸でコツコツ手作業で鞄を作られている方の作品です。

奇をてらったものではないですが、どこか新しい感じのするデザイン。
丈夫で機能的。
そんな素敵なトートバックを紹介したくて、
当店で展示&即売会をすることになりました。

あくまで当店は自家焙煎珈琲屋なので
コーヒーの品質や通常のサービスが疎かにならないように
地味なイベントになるでしょうが
『いいモノ』に出会える機会と思います。

期間:3月26日(土)~4月10(日) 

初めての試みなので、
まだコンセプトしか決まってません。
詳細については別途お知らせします。



f0215709_1652524.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2011-02-01 20:40 | お知らせ | Comments(0)