<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Ike Quebec

ことさら有名な曲でなくとも、”この一曲”というのが印象に残ることがあります。
特にその演奏者のオリジナル曲である場合に。
例えば、デクスター・ゴードンの「Cheese Cake」や、ホレス・パーランの「Us Three」など。

アイク・ケベックのようなアーシーなテナー・サックスが大好きで、
アルバムとしてはBlue Note盤の『IT MIGHT AS WELL BE SPRING』、
『BOSSA NOVA SOUL SAMBA』がお気に入りです。
太い音で吹ききるバラードなど、ググッときます。

でもケベックのこの一曲といえば、真っ先にアルバム『HEAVY SOUL』(Blue Note)に
収録されている「Acquitted」を挙げます。

オルガンのイントロ~ケベックの太く男性的なテナーサックスのテーマメロディの入り方がカッコいい。
あとはケベックがバリバリ吹きまくるし、フレディー・ローチのオルガン・ソロがこれまた素晴らしい。
いつ聴いても興奮するします。
大好きなジャズ聴いてると、、、あぁ~ コーヒーが美味しい!

f0215709_1422566.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-31 14:04 | ジャズ | Comments(0)

コーヒーの参考書①

コーヒーを少し掘り下げて知りたいという方にとって、オススメの本を紹介します。

『 コーヒー「こつ」の科学』
柴田書店
1800円

イラストがかわいいのでチャラチャラした本かなと思いきや、
至ってまともな内容です。
私も何度も読み返しています。

著者の石脇氏は全日本コーヒー検定委員会コーヒー鑑定士講師。
略歴に”趣味を仕事にした元コーヒーおたく”とある通り、客観的な内容が中心ながらも、
所々に著者の「コーヒー愛」的なコメントが記されているところが好感もてます。

f0215709_16312013.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-30 16:31 | コーヒー | Comments(0)

アイス・カフェオレについて

アイスのカフェオレのレシピを少し改良しました。

「レシピは企業秘密」などというけち臭いことはしていませんので、
興味ある方はお店でいつでもお尋ね下さい。


”オーレ”が和製フランス語(?)といるので、今のところ当店でもカフェオーレと
いっていますが、正しくはカフェオーレではなくカフェオレと言うのが正解です。

マクドナルドではシェーク、ロッテリアではシェーキと記載されていますが、
どちらが正しいのだろう??
[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-27 10:01 | コーヒー | Comments(2)

コメントいただいた皆様へ

コメントいただいた皆様へ

ブログの使い方が分からず、せっかくコメントいただいたにもかかわらず
ほったらかしにしていました。
お詫び申し上げます。

これからはマメにチェックするとともに、本ブログを活性化させます。

これからも懲りずに宜しくお願いします。
[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-25 14:54 | お知らせ | Comments(0)

その日の出来事

昨日は閉店後にけったいな場所にある、けったいなテニスショップのけったいな店長さんと食事してきました。
お互いに個人商売をしている同士なのでいろいろ刺激を受けました。
お店に来ていただいて知り合ったんですが、個性的な方で何気ない会話でも多々刺激を受けることがあり、
テニスをするわけでもないのに、ショップへ遊びにお邪魔させていただいています。

仲良くさせていただいている、西天満のバーのマスター、山田のレトロ雑貨の店主、近所の食堂のお姉さん、、、
けったいな(個性的な)店を営んでいる方は話していて面白い。

個人商売なので個性を大事にしていきたいと思います。
そのうえでコーヒーを通していろんな繋がりを広げたいです。

けったいなテニスショップといいましたが、いいお店です。
テニス初心者にも丁寧に教えてくれるようです。
ガット張替えってのもやっています。
http://www014.upp.so-net.ne.jp/tennisshop-plus/index.html






   
[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-25 14:49 | 日記 | Comments(0)

オートバイを読む①

オートバイ読み物をぼちぼち紹介していきたいと思います。

私が好きなオートバイ乗りの作家は花村萬月さん、丸山健二さん、斉藤純さん、熊谷達也さん、
といったところです。
この方々はオートバイ小説以外の作品も大好きです。
どの人もオートバイ・ツーリングによる体験をなにかしらのかたちで
自らの作品に活かしていると想像します。

その他オートバイ・ツーリングの書き手として、加曽利隆さん、寺崎勉さん、戸井十月さんとかも好きです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

花村萬月さんの「自由に至る旅 ―オートバイの魅力・野宿の愉しみ」(集英社新書)は
オートバイ・ツーリングの名著でしょう。

安っぽい紀行文などは"いかにもドラマがありました~"という内容であることが多く、
うんざりすることがありますが、
この本は花村萬月さんのツーリング・野宿体験を通した旅の魅力が淡々と書かれており、
味わい深い内容です。
文章も抑制が効いていて好感持てます。

僕がソロ・ツーリング(一人旅)指向に傾倒したのは、免許取りたてのときに読んだ
この本の影響かと思います。

初めてのロングツーリングで四国を旅した時は不安、戸惑い、不便などがあったけど、それでも楽しかった!
いま思い返すと旅の装備はかなりお粗末なものだったけど、一人旅の魅力は十分味わえました。
この本を読み返すと、あのときの四国ツーリングを想い出させてくれます。

f0215709_18353954.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-24 18:35 | 日記 | Comments(0)

〈新登場の豆〉ルワンダ

久しぶりの更新です。
はっきり言ってサボっていました。。。
これからはもう少しブログ更新を活性化する(週1回くらい)とともにまじめな内容も増やします!

以前から、アフリカの豆をもうひとつ増やしたいと考えており、
知名度の高いタンザニア(いわゆるキリマンジャロ)、エチオピア(同モカ)なども検討しましたが、
結局、ルワンダにしました。

決め手は今年4月にNHKで放映された「アフリカンドリーム」という番組を観たことです。
民族間の対立による大虐殺があったルワンダですが、
虐殺から16年経った現在「アフリカの奇跡」と呼ばれるまでの
驚異的な復興をとげているという内容でした。
しなしながら、まだまだ貧しい人が大部分。
番組の最後のほうで民族間の対立感情を乗り越えて
(貧しい人の現金収入になる)コーヒー豆ビジネスを始めようとする姿を観て、
少しでも応援したいなと思いました。

全く経験の無い豆だったので、まずは定休日を利用して手焙煎でテスト・ローストしました。
カッピングの印象はというと、
一般的にアフリカ系のコーヒーは力強い個性がありますが、
ルワンダはクリーンな飲み口、そしてフルーティーな味わいです。
とくに冷めてからのフルーティーな香味が素晴らしい。
美味いです!

ひとまず、週代わりメニュー(中深煎り)としてランナップします。
今週末から始めますので、よろしくお願いします。

f0215709_15375624.jpg

[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-22 15:43 | コーヒー | Comments(0)

身体のセルフケア

6月から久しぶりに運動を再開しました。
6月は11回ジムに通うことができて、我ながら上出来と思ってたら、
疲労で腰痛がぶり返してきました。
思ったより体力が落ちていた。。。

そこで感じたのが、「体力を取り戻すために頑張るぞー」ってことではなく
「もっとセルフケアせなあかんな」ということです。
実際に先週末に念入りにストレッチした結果、腰痛は大部分解消しましたし。

「健常な心身でないと美味しいものは作れない」
ことを持論としているのに情けないです。。。

身体を見つめ直すいい機会になったので、7月はセルフケアの研究します。
今現在、気になる事項は
一)目の疲れ
二)肩こり
三)腰痛
四)足のむくみ

いずれも職業病(?)と思われるので、完全に解消できないかも知れないけど
上手く付き合える術を見つけたいと思います。
[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-07 17:33 | 日記 | Comments(4)

モカ・マタリのアイスコーヒー

当店ではアイスコーヒーを作りおきせずに、注文ごとに一杯淹れしています。
ですので、通常はアイスコーヒー用のブレンド豆を使ってますが、
「○○の豆でアイスコーヒーを」といったオーダーにも応じています。

先日は「モカ・マタリでアイスコーヒーやってや~」とのオーダーがありました。
恥ずかしながらモカ・マタリのアイスコーヒーを試したことなかったので、
「美味しいかどうかわかりませんよ」と申し上げたうえでお出ししました。

お客様の反応は「結構いけるで~」とのこと。
私も昨日試してみましたが、これがなかなか美味しい!
モカ・フレーバーがあり、思ったより酸味が際立ってませんでした。
コーヒー業界の常識に囚われてもいけませんね(反省)。

生酒の常温保管
大吟醸の燗
こういう例もありますし。
[PR]
by lisarb_coffee | 2010-07-06 10:38 | コーヒー | Comments(2)