新登場 エル・サルバドル・ブルボン

久しぶりに新しい豆の登場です。
何となく中米の豆を加えたいなと思い、
エル・サルバドルに決めました。
f0215709_14585264.png


一年以上前に、同農園のパカマラ種という豆を並べましたが、今回はブルボン種です。

味わいは、いい意味で中庸。
インパクトは弱いですが、柔らかい味わいで、バランスがいい。
酸は穏やかで、良質なコクがあります。

強引な印象かもしれませんが、
テスト焙煎した豆を飲んでみて、真っ先に思い浮かんだのが
ジョーニー・ウォーカー赤ラベルの美味さでした。

ジョーニー・ウォーカーといえば、最も有名なスコッチウィスキーのひとつ。
その中でも赤ラベルは最もポピュラーなものなので、
シングル・モルト・ウィスキーを少しかじった頃は見向きもしてませんでしたが、
改めて飲んでみると、美味い。
フツーに美味い。
そんな印象をもちました。

混乱させる表現かもしれませんが、、、
このコーヒーも「フツーに美味い」といった感じ。


今週末から、不定期メニューで登場します。
焙煎度合は中煎りです。
[PR]
by lisarb_coffee | 2011-09-14 19:52 | コーヒー | Comments(2)
Commented by ナカガワ at 2011-09-25 21:41 x
なんとなくわかる気がする。ウイスキーの揮発性の高さには、コーヒーを想起させるものがありますね。
Commented by lisarb_coffee at 2011-09-26 15:13
to ナカガワさま

スモーク、バニラ、ビターチョコ、○○オイル(オイリー)などなど、
コーヒーのフレーバーに通じる表現もあって、ウィスキーも結構楽しいです。

<< 珈琲教室の日程更新 昨日は高槻グルメで贅沢 >>